増えすぎないように

女性

ほくろのセルフケア

女性にとって多い悩みが、お肌の質です。「色白は七難隠す」というように、透明感のあるお肌は武器になるでしょう。しかし、透明感のある真っ白な肌を保つのは難しく、シミやほくろは自然と出来て行きます。多少出来てしまうのは仕方ありませんが、数が多ければ気になってしまいますよね。ほくろ治療を考えても、治療費が気になり何回も行う事は難しいでしょう。特に、ほくろは黒く形が大きくなる場合もあるため、いくつも出来てしまうのは避けたいですね。ですが日頃からしっかり対策を行えば、将来的にほくろの発生を防ぐ事に繋がりますので、セルフケアを行っていきましょう。
まず、ほくろが出来る主な原因は紫外線です。紫外線によって皮膚の内部にメラニン色素が溜まると、ほくろが作られます。日焼け止めなしに外に出ると、皮膚にどんどんメラニンがたまり、ほくろ予備軍となる細胞が体に溜まっていくでしょう。また、日焼け止めで紫外線対策を行っても、肌を完全に守る事は難しいので、肌のターンオーバーを促してあげる事が大切です。もしも睡眠不足や食べ物の不摂生で肌の状態が悪ければ、体にあるメラニン色素はどんどん蓄積していきます。ほくろは1度出来ると自分でなかなか消すのは難しいです。出来たほくろはクリニックでほくろ治療を行う必要があるので、治療費が気になる方はなるべくお肌に気を使ってあげましょう。

ほくろに過敏になりすぎない

ほくろには、先天性のものと後天性のものがあります。思春期あたりまで出来るほくろは遺伝が関係していると言われ、大きい形になりやすいのも特徴です。それ以降に出来るほくろは、後天性のものだと言われます。ほくろの大きさや数によってはコンプレックスに感じてしまい、ほくろを全て除去したいと考える方もいるかもしれませんね。しかし、ほくろの多くは良性であり体に悪さをするわけではありません。ほくろは邪魔なものと考えるより、個性と思ってみましょう。もちろん、ほくろが原因で悩みを抱える場合は、ほくろの治療を考えてみるのも良いでしょう。しかし、あまり過敏にならず、ほくろを個性とし、これからほくろを増やさないように日常生活に気を使ってあげる事が大切です。

Copyright© 2019 ほくろ治療ですっぴん美人に!盛り上がったほくろもクリニックで解決 All Rights Reserved.